こんな人にご用心!ユーブライドなど婚活サイトにいる要注意人物の5つの見分け方

婚活サイト サクラ 要注意

 

ユーブライドはmixiが運営する婚活サイトで、登録会員は100万人を突破し年間でおよそ2000組の夫婦を誕生させています。

 

登録をして気に入った相手が見つかったと喜ぶ反面、もしかしたらサクラじゃない?と不安になることもあるのではないでしょうか。

 

結論から言うと、ユーブライドに限らず、どの婚活サイトにもサクラや要注意人物はいます。

 

この2者は利用者からすれば同じように見えますが、サクラは運営会社が婚活をしている人になりすますために雇っている人で、要注意人物は悪質な外部のサイトから入ってきている人です。

 

ここでは要注意人物=サクラという解釈で書いていきます(本来は全然別物ですよ)。

 

 

ユーブライドでは管理体制が厳しくなってきているので、サクラ自体はかなり少なくなってきています。

 

ただどうしても外部からの要注意人物は、巧妙にユーザーになりきって登録をしてくるので、初期の段階では監視の目を潜り抜けて登録されてしまうケースがあります。

 

サクラや要注意人物を見分ける5つ方法を見て、当てはまることがあるようなら慎重に話を進めた方が良いです。

 

 

 

1つ目は、プロフィール画像が不自然にきれい過ぎることです。

 

プロに写真を撮ってもらったような写真を載せてくる場合、少しあやしいと考えた方が良いです。

 

逆に生活感が全く感じられない顔だけのアップな写真を載せてくることもあり、インターネットから写真を無断で利用していることもあります。

 

 

 

2つ目は、登録した直後からたくさんのメールが送られてくることです。

 

運営サイトを活発にするためにサクラがメールを送ってくることもありますし、要注意人物が個人情報を聞き出すために送ることも少なくないので注意が必要です。

 

 

3つ目は、甘い言葉をささやいてくる女性に気を付けましょう。

 

真剣に結婚を考えている人は、相手に変な印象を与えたくないので、メールも慎重になります。

 

ただ残念ながら女性から甘い文句のメールをもらうと、浮足立ってしまう男性が現実として少なからずいます。

 

 

婚活サイトを利用して甘い言葉で男性の心を掴んで高額な商品を売りつけたり、個人情報を集めたりする悪いユーザーも必ず存在するということを知っておきましょう。

 

その相手が要注意人物なら、たくさんの男性にも同じようなことを行っており、女性でないケースもあるのです。

 

 

4つ目は、婚活サイト外に誘い出すことです。

 

言葉巧みに他サイトに誘い出し、多額の料金を請求するケースなどいろいろとあります。

 

 

5つ目は、要注意人物に多い手法で、聞いてもいないのに悩みを話出し、同情を示した所で騙すという悪質な手口も増えています。

 

 

上記の中で思い当たる点があったら、自分の身を守るために冷静に考えて行動しましょう。

 

⇒ユーブライドの体験談記事はコチラから